まちづくり委員会

委員会紹介

まちづくり委員会では、青年会議所の活動を通じて、明石がより明るく豊かなになるようなまちづくりに取り組みます。昔と比べ最近では、お隣同士のつながりや町内会、地域での助け合いなど昔では当たり前のようにあった人間関係が希薄化し、私たちが住み暮らすまちに対する誇りと愛着が薄れつつあるように思います。

また、明石では、中心市街地活性化計画により、新しく建物が立つなど新しいまちに生まれ変わることで、人の流れが変わったり、まちへの転入やまちからの転出が増え、今までにない人口の構成が生み出されようとしています。

このような状況で、将来にわたってこのまちが素晴らしいまちであり続けるために、まちに対して未来の種をまくには、今あるものに敬意を払いながら、今までになかった枠組みを創り出し、市民の皆様と協働する必要があると思っています。

そのためにも、私たちまちづくり委員会では、まずは会員が明石の持つ魅力を再発掘するために、長い歴史がある明石という地域に住み暮らす人々が受け継ぎ育んできた伝統、文化、そして連綿と語り継がれてきた市井に息づく数々の民話を紐解くことで、地域の魅力を再確認し、その豊かな風土や魅力を活かしながら効果的に市民の帰属意識を高める方法を考察します。

次に、また市民の帰属意識や当事者意識を高め、まちに対する愛着を深めるために、明石市内や近隣エリアで活動している様々な団体と連携し、再発掘した明石の持つ魅力を活用した、市民と共に企画運営できる事業を行うことで、もともと地域に暮らす人々や、新たに転居してくる人々が、分け隔てなく交流し、関係を深められるコミュニティーを創出します。

そして会員が、明石青年会議所の思い描く明るく豊かな未来に向けて常に率先して行動する地域のリーダーとなるために、明石青年会議所の運動、活動の経験で得た財産である、有益な知識、知恵、発想を会員全体で共有し、会員のさらなる当事者意識を高めます。

これの活動を通じて、明石というまちを愛し、大切に思い、明石の未来に対して、より良い力強い想像を膨らませ実践できる市民が一人でも多く増えることを願っています。そして、明石青年会議所と市民が希望と誇りと情熱を共有し、協働し、相乗しながら、継続的に人と人、地域と人がつながる明石を目指します。


委員長 石井 宏法 (勤務先:株式会社イシー)

はじめまして、2017年度まちづくり委員会委員長を拝命しております、石井宏法と申します。

私は、2015年度に一般社団法人明石青年会議所に入会しましたが、入会のきっかけは、知人からの勧誘です。私は、もともと地域で自ら異業種交流会を主催したり、地元の消防団や、神社の世話人をするなど、個人的に地域づくり、まちづくりにかかわっていました。青年会議所に誘われたときは、新たに団体に所属し活動することに魅力を感じませんでした。しかし、外から見ると実際やるでは大違い。入会してからは学びや気づきの連続です。青年会議所が培ってきた歴史や経験、自分一人では到底なしえないものを経験でき、また一人で得られるよりも多くのことを仲間と一緒に得られることがわかりました。今後も明石青年会議所の活動を通して、まちづくりに関わりながら、自分自身を成長させていきたいと思っています。

私は、社業では保険・資産コンサルタントをしております。個人から法人の万が一の保障や災害時の補償を資産運用対策まで幅広く扱っております。社業で得た知識、経験を活かし、これからも青年会議所活動に邁進する所存です。

 

副委員長 山名 善久 (勤務先:山名總鉄酸素株式会社)

2017年度まちづくり委員会副委員長の山名善久と申します。

青年会議所のことを全く知らなかった私でしたが、2015年度に縁あって一般社団法人明石青年会議所の一員となりました。まちづくり団体の花形委員会で2016年度、2017年度と活動できることを嬉しく思っております。又、青年会議所では、40歳までという年齢制限がある為、2017年度が私の最終年度となります。思い残すことが無いように1年間まちづくり委員会の職務を全うしたいと思います。

社業では、明石市で高圧ガスの供給販売をしております。酸素から毒ガスまで、製造業に必要なあらゆる高圧ガスを安全第一で安定供給致します。青年会議所活動で得ることができる知識、行動力等を社業で活かし、躍進につなげていきたいと考えております。

 

幹事 樟 陽介 (勤務先:金楠水産株式会社

 

 

 

 

 

委員 櫻井 庸介 (勤務先:ハウスメンテナンスSakura)

 

 

 

 

 

委員 岸本 二洋 (勤務先:岸本石油販売株式会社)

 

 

 

 

 

委員 黒澤 健一 (勤務先:成和電工)