ブログ

選挙権について

私たちには、選挙権があります。

 

今でこそ、投票は義務であるとまで言われるようになりました。

この選挙権、

1925年以降前は、一部の富裕層の、しかも男性にしか認められていない、非常に偏った権利でした。

 

つまり、一般市民が政治にかかわることなど、許されない時代が、この日本にありました。

 

もちろん、ここに不満を持つ市民により、各地で様々な運動が湧き起こり、

 

 

20年後の1945年にやっと今の制度に改正されました。

 

 

ご存知でしたか?

 

 

この選挙権という権利は、もともと与えられていたものではなく、

 

 

先人の方々の約20年にわたる長い戦いによって勝ち取られた権利であることを。

 

 

選挙に行かない。ということは、すべてを放棄する。ということです。

 

 

ハチドリのひとしづく。というお話があります。

 

 

南米に生息する世界で一番小さい鳥のお話です。

 

 

ある日、森が火事になります。

 

 

他の動物たちは、すべて逃げ出したのに、

 

 

ハチドリだけは、川で水を含み、森へ運びます。

 

 

一滴だけしか運べない姿を見て、逃げた動物たちは笑います。

 

 

「そんな事をして何になるのだ」と。

 

 

ハチドリは答えます。

 

 

「私は、私にできることをしているだけ」

 

 

「私にできること」は「私にしかできないこと」でもあります。

 

 

あなたの1票はあなたにしか行使できません。

 

 

先人の方々から受け継いだ「権利」という、貴重な財産を無駄にしない為に、

KIMG4580

 

 

是非、投票に行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。